宣伝に協力します。

  • 2019.07.19 Friday
  • 09:57

 すでにご存じの方も多いかと思いますが、このブログの「オーナー」、早見慎司さんの新刊「かりゆしの島のお迎えごはん」が、8月の24日にメディアワークス文庫から、発売になります。

 皆さんにはノイズかもしれませんが、この本が売れてくれれば、私の本にも影響がある(かもしれません)ので、宣伝にご協力することにしました。

 南洋の小島で、起こる「あやしい」者たちと、主人公たちが小さな「事件」を起こす、連作短篇集です。いま、Amazonの「新着アイテムおよび予約商品のベストセラー」の日本文学ランキングで、9位です。

 早見さんは、この小説は、「淡い奇談」だ、と言っています。私も、そう思います。

 しつこいようですが、これが売れると(重版ぐらいにならないと、無理なのだそうですが)、私の物語を売り込みやすいのだそうです。

 どうか、買ってあげて下さい。

 

 あまり、うまく書けませんでしたけれど、とにかく、買ってあげて下さい。お願いします。

 

 

 

最近読んだ本。

  • 2019.06.05 Wednesday
  • 20:58

 大学には図書館があるので、入りびたっています。

 いま読んでいるのが、「わたしの物語」(セサス・アイラ)です。これはちょっとすごいので、すこしでも引用してしまうと、叱られるかもしれません。私は、多少は本を読んでいるつもりだったのですけれど、こんな小説は、読んだことがありません。理解できているかどうかも、分からないのです。

 訳者は、大学の大学院の教授ですが、この人の略歴も、奇想天外なものです。

 エンタテインメントばかり読んでいる人には、おすすめしませんが、小説に感動以外のものを求めている人には、絶対にお勧めです。

 

 梅雨空が重いですが、どうか皆さん、お元気で。

人間はなぜ歩くようになったか。

  • 2018.03.13 Tuesday
  • 14:53

 年度末まで、あとわずかですね。

 なんだか天気の具合が悪くて、着替えがたいへんです。

 タイトルに挙げたのは、「哲学I」の、年度末のレポートの(「のが多くてすみません」)問題です。「人間がなぜ二足歩行をするようになったか、哲学的見地から考察せよ」。「そんなことはどうでもいいよ」、と言う人もいるでしょうし、哲学でサルが歩くようになったわけではない、と言う人もいるでしょう。

 「哲学とは、そういう学問だ」、と先生はおっしゃいます。じっくり考えてみようと思います。

 今月中に、東京に春が来る可能性も高い、らしいです。皆さまも、風邪に気をつけて、元気で春を、お迎え下さい。

 

夏はいつ、終わるのですか。

  • 2017.08.22 Tuesday
  • 16:07

 寒くなったり、熱くなったり、今年の夏は、どうかしています。

 夏休みは、あと一週間ほどで、さぼった大学のレポートを、大急ぎで書いているところです。

 

 最近の歌では、SPYAIR 『MIDNIGHT』 がいいですね。ちょっと、はまりかけています。

 今年の夏も、本と、本についてのことで、終わってしまいました。

 それは、悪いことではないのですけれど、気がついてみると、かき氷を食べるとか、花火をするとか、そういうことを、ほとんど忘れて過ごしたので、残念です。

 ……それで、夏はいつまで続くのですか。

 

 

 

 

ノートパソコン。

  • 2017.03.18 Saturday
  • 22:07

 いろいろとあって、大学推薦のノートパソコンを、買うことになりました。

 公平ということを考えて、ふつうのノートパソコンにも、大学で必要なパックも、大学生協でも売っているのですが、あまりばりばり使うつもりもないもので……。

 いま、Officeの使い方を勉強していますが、前期の1年で、パソコンの授業があるそうで、ちょっとむずかしいようですね。

 

 実は、まだ進学した意識がないのです。

 どうして、ときかれると困るのですけれど、たぶん、20年以上、高校生をやっていたせいだ、と思います。

 この矛盾は、解消できないでしょうね。

 

 

名古屋。

  • 2016.12.18 Sunday
  • 18:07

 太田忠司さんの「名古屋西 喫茶ユトリロ」(ハルキ文庫)を読みました。

 おもしろい、以前に、おいしそうなお話です。

 喫茶店の話としても、興味があります。うちの店で、すぐに参考にする、というわけでもないのですけれど、名古屋の人は、おいしいものを食べているんだなあ、と思いました。

 意地悪な友だち(私をご存じの方には、誰かだいたい分かるでしょうけれど)が、「それはさ、こんなに贅沢なメニューだったら、そっち方面で勝負しても、勝てるわけないね」と言いましたが、全然、反論ができないのが、悔しいです。

 ですが、真実だ、と思います。

 とにかく、いろいろな意味で面白い短編集なので、読んでみて下さい。

 

もうすぐクリスマス。

  • 2016.12.17 Saturday
  • 04:36

 ですね。

 いつも書いていることですが、私の誕生日が25日なので、その日は早めに閉店して、仲間とパーティーです。

 それで。きょう、期末テストは終わりました。

 陣内君の教えで、数β は、当確ラインに入っています。あとは……まあまあです。

 いま、英単語の暗記をしているところです。けっこう覚えられるものですね。

 理科と、社会の一部は壊滅状態ですけれど(センター試験なので逃げられません)、「取れる所から点数を取りましょう」という先生の教えもあって、それで合格できるラインに、もうちょっと、というところです。

 

 冬の夜のこたつは、ミカンもそうですけれど、ホットココアがおいしいですね。

 うちでは、身内(家族と、私の友だちの常連客)は、100円で好きな飲み物が飲める、というのをやっています。お金は貯めて、東日本大震災に送ることになっています。熊本はどうした、と言われそうですけれど、うちは実家が東北なので、それでやっています。熊本の皆さんには、ごめんなさい。

 ココアを飲んで、こたつでちょっと居眠りをしかけて、また起きて……というのは、人間全部の幸せだ、と私は思っているのですけれど、もっとすてきな冬の夜更かしがあったら、教えてください。お願いします。

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM