あっという間に

  • 2020.01.07 Tuesday
  • 20:33

 春から、3年生です。

 わたしは、自分のことはぼけているので、ひょっとしたら2年生かも知れませんが、たぶん3先生だと思います。

 今年は、本以外では、ももいろクローバーZの「SHOW」というDVDを見ました。ももいろクローバーZは初めてですが、人気の理由が分かるような、濃いディスクです。

 去年は、何となくぼんやりしていたので、今年は、勉強に励もう、と思います。

 皆さんにとって、今年が昨年より、ちょっとでもいい年になりますように。

あした。

  • 2019.12.24 Tuesday
  • 18:17

 あしたは誕生日です。

 水淵季里の小説は、ときどき設定が変わるのですが、これだけは変わっていないのは、誕生日だけです。

 もっとも、また早見さんが何か考えると、誕生日と言っても、いつの誕生日なのかは分からないのですが……。

 やっと、21歳になりました。

 目標は、ここへ来る皆さんが、来年も今年より、少しでも楽しい年になってほしい、ということです。

 皆様の、お幸せをお祈りします。

岐路。

  • 2019.10.25 Friday
  • 12:55

 前にも言いましたが、図書館の司書と、喫茶店の店員と、どちらになるか、で悩んでいます。

 以前は、司書という仕事が憧れでした。いまもそれは、変わりません。

 けれど、お店の手伝いをしていて、なんだか心が癒やされるような瞬間や、逆に、たとえばクレイマーのお客様にどう対応するか、などやってみると、心が一歩、前へ進むような気がするんです。

 答を出すのに、あと2年半。その間に、また私を取り巻くものが変わってくる……かもしれませんね。

 そんなことを考えながら、もう昼休みは終わりです。午後ひとつめの授業は、私の苦手な線形代数です。どう苦手なのか、分からないほど苦手です。

 はあ……。

 私もおとななので、授業は受けますけれど、合格する自信は、まるでありません。

 とにかく、がんばります。

 

ごぶさたしております。

  • 2019.10.10 Thursday
  • 11:38

 秋も深まっていきます。お元気ですか。

 私はと言えば、なんだかぼうっとしながら、本を読んだり、勉強をしたりしています。

 バートランド・ラッセルの随想録を読んでいるのですけれど、頭のいい人の書いた本は、おもしろいですね。随想録なので、そんなに難しくなく、それでいて、脳の奥のほうに、しみこんでいくようです。

 

 私は、いまがいちばん、幸せなのかもしれない、と思うことがあります。少なくとも、そう思えるのは、幸せにまちがいありません。

 私が歳を取っていくことにしたのを、残念に思う方も、いらっしゃるでしょうが、私にも、私の幸せを求めたい、という気持ちがあるのです。

 ごめんなさい。

 

 

秋になりましたね。

  • 2019.09.18 Wednesday
  • 18:31

 気温が下がってきて、太陽もあまり、ぎらぎらしないようになってきました。秋ですね。

 私は、浩史兄さんから、帳簿の付け方を習っている最中です。

 最近は、あまり、新しい曲を聴いていないのですけれど、そういう時期もある、ということです。

 

 秋のお彼岸が、近づいてきました。お線香の匂いがなつかしい、と言ったら、しかられるでしょうか。

 

夏休みが、終わります。

  • 2019.09.01 Sunday
  • 21:13

 毎年、「今年の夏は忘れない」、と思うのですけれど、毎年、忘れてしまいます。私はだめですね。

 そんなことを言っているうちに、もう、夏休みが、終わります。

 宿題は、なんとか片づけましたし、20歳にはあと4カ月ありますし、どうということもないのですが、やはり、夏の終わりは、私にはたまらなく、淋しいものです。

 もう少し、秋や春の楽しみ方を、憶えたほうが、いいと思うのですが。

 とりあえず、新学期の勉強中です。

 

ちょっとすみません。

  • 2019.08.25 Sunday
  • 21:33

 きょうは、別の話題を用意していたのですが、早見さんが、「それ、小説のネタに下さいな」、というので、譲ることにしました。

 そういうわけで、私は、夏休みの最後の一週間にさしかかりました。

 夏休みは、やっぱりいいですね。毎日、何かが起こるような、そんな気がします。

 ほんとうは、何もないのですが、なければないで、ほっ……として、残りの日を過ごせます。

 

 きょう、トンボを見かけました。夏は秋になり……いえ、その先のことは、鬼が笑うので、やめましょうね。

 ――前から気になっているのですが、笑う鬼、というのは、どこにいるのでしょう。

 そして、鬼が笑ったからと言って、それがどうした、と言うのでしょう。

 これは、民俗学でやることなのでしょうか。分からないことだらけです。

 

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM