幻想のみ。

  • 2016.09.16 Friday
  • 00:03

 ひとつ前のエントリーで、すべては存在しない、幻想のみ、と書きましたが、これは、私たち(どの辺が「私たち」なのか、も困った問題ですね)の好きな、大森荘蔵さんの「唯幻論」と似通うところがあります。大森さんの哲学を語るのは、おこがましいどころではないのですけれど、誰かが語り継いでいかなければいけないようなことだと、私は思います。

 「ずっと、そこにいるよ。」の中で、大森哲学に早見さんは挑戦しているのですけれど、成功したか、と言われると、ちょっと……です。どんなに理想が高くても、表現できなければ、小説としては失敗、ということなのでしょうか。きっとそうですね。私個人は、おもしろかったのですけれど、「身内」の言うことですから……。

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM