140字のわたし・30

  • 2016.11.14 Monday
  • 23:21

季里は、ある人に影響されて、自殺した人の手記を何冊も読んでいる。どの人の文章にも、ひりひりするような傷みがあって、どうして死を選ぶ人は、こんなにも繊細なのだろう、と思う。そこは季里は無神経だ。だから生きていける。それはそれで楽しくはないのだけれど、生きることの得を少しは知っている。

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM