長い曲名

  • 2017.05.17 Wednesday
  • 21:42

 最近、「te'」というバンドに凝っています。「テ」という名前です。

 バンド名は極端に短いですが、例えばアルバムのタイトルが、「ならば、意味から解放された響きは、『音』の世界の深淵を語る」で、曲名が「思想とは我々の選ぶものを見せず、我々の好むものを『見』せる。」だったりして、とにかく長いのです。

 これが日本のプログレッシブロックバンドなのは、それだけですごい、と思うのですが、早見さんは、このバンドはZABADAKのもうひとつの顔だ、と言います。ちなみに、そのもうひとつは、ケルト音楽です。

 音楽については、ひとの好みは、ぜんぜん違いますし、自分が好んで聴いているのと似ている作風でも、細かい違いが気になって、好きになれないこともありますので、かんたんには、おすすめできないのですけれど、プログレッシブのお好きな方は、聴いてみて、損はしない、と私は思います。

 早見さんの短編で、いちばん評判がいい(らしいです)「終夜図書館」(光文社文庫「古書ミステリー倶楽部」)などでも、文章の過剰なときがありますが、それと似ているところが、あるのかもしれませんね。

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM