春の嵐。

  • 2018.04.05 Thursday
  • 17:31

 春の嵐、というのでしょうか。気温が高かったり寒かったり、雨が降ったり、いろいろです。

 なんだか落ちつきません。

 春と言えば、早見さんと私は、ときどき話し込むのですが、桜の季節だけは内地がうらやましい、もう一度、花見がしたい、と言うのです。

 そんなにだいじなことなら、引っ越す前に考えればいい、と思うのですけれど。

 桜とテレビ東京だけは、東京にいないと、楽しめない……というのは、早見さんにとっては、だいじなことのはずなのですけれど……。

 桜のことを考えていると、心が、ざわざわします。

 花粉症ではないのですけれど、……。

 

道明寺。

  • 2018.04.03 Tuesday
  • 16:04

 漫画の主人公ではありません。

 4月が来ました。私は大学2年生です。

 今年度は、単位を取ることに、力を入れたい、と思います。忙しい年になりそうです。

 

 ごく最近、何か忘れている、と思ったのですけれど、やっと思い出しました。道明寺を食べるのを忘れて、お彼岸を過ぎてしまいました。

 なんだか、ひどく淋しい気持ちです。

 道明寺を食べる、とか、家で勉強するとき、キース・ジャレットを聴くとか、当たり前のことだったのが、気がつくと、忘れているというのは、とても淋しい気持ちです。

 こうして、年をとっていく――ということでしょうか。

 12月に、私は二十歳になります。そのとき私は、何を忘れ、何を覚えているのでしょうか。

 そして、それでも私を忘れないでいて下さるかたは、どのくらいいるのでしょうか……。

 

 大したことではないのに、妙に心が騒ぎます。

 だから、春は嫌いです。

 嫌いですけれど、もうおとななので、上田知華+KARYOBIN の「エイプリル・ラブ」をかけてみたら、なんだか切ない気持ちになりました。

 ……どうでもいいことばかり、書いていますけれど、実は、大きな問題を抱えています。

 今はまだ、言えないのですけれど、人生で最大の「事件」に足を踏み入れるかどうか、というようなことです。

 いずれ、ご相談することもあると思いますので、そのときは、相談に乗って下さいね。

 

 

 

 

春休み。

  • 2018.03.27 Tuesday
  • 18:03

 桜、といえば、sacra(CD「ついのすみか」を出したバンド。他にも同じ名前のものが、あります)と、井上陽水の「桜三月散歩道」、とあるわけですが、冬休みの私は、ついに大学二年を迎えることになって、うまい単位の取り方、などを考えています。

 けれど、それは、あり得ないことなのです。

 なぜって、私は、要領の悪い人間に、設計されているからです。

 困ったものです。

 私の、とりあえずの目標は、早見さんを超えることです。

 小説の人物が、作者を(何かの意味で)超えることは、けっこうあることがあるらしいので、がんばりたいと思います。

 

 大学に入って、ちょっと意表を突かれたのは、体育の授業がある、ということです。

 なんとなく、体育からは解放されたような気がしていたのでした。

 前期は、体育という壁を残しています。

 がんばらないと、いけませんね。

 

 

 

まちがいです。

  • 2018.03.11 Sunday
  • 20:17

 少し前から、アクセス数がふだんの2けたほど上がって、数日続く、というのが月に1度ぐらいあって、なんなのかなあ……と思って見ていたのですが、ある日、気づきました。このブログのヘッダの部分が、「実在女子大生」になっていました。「非」が抜けていたのですね。

 それは、誤解も何もするだろう、という感じです。私も、そこまで子どもではないので。

 たいへん、失礼いたしました。

 改めて自己紹介しますと、私は奇談小説家・早見慎司さんの作品中に出てくる女の子です。ものすごくスローペースですが、こうしてブログをやっております。

 どうぞ、よろしくお願いいたします。

 気が向いたら、遊びに来て下さい。

 

分からないものは全て分からなくてもいい。

  • 2018.03.08 Thursday
  • 15:47

 私のように、手当たりしだいに本を読んでいると、あ、これは私には分からない世界だな……と思うことが、ときどきあります。

 十代のころには、どうにかして、それを分かろうと必死でしたが、周りの人たちは、「読める本にも数があるんだから、まず読める本をたくさん読めば、いいんじゃないか」、と言います。

 そこで私の、これからの人生を考えてみると、寿命が90歳だとして、二万冊がいいところだ、と思います。

 そうですね……読んだことのない本で、若いうちに読んでおいたほうがいい本は、たくさんありますので(「山月記」とか)、それは正しい意見だ、と思います。

 人生というのは、実感ほど長くはないものですね。

課題。

  • 2018.03.05 Monday
  • 21:24

 早見さんは、納税で大変そうですけれど、国民の三大義務のひとつですから、とにかくがんばって下さい。

 私のほうは、私で、学生の義務であります(ことばが変ですね)学年末の課題に取り組んでいます。

 いま、学生は売り手市場なのだそうですが、まるで、実感はありません。ただ、「学生は年末に出席だけ取れば単位取得」とか、「テンプレートがあって、それを丸写しにすれば単位取得」、とか、兄さんに聴かされていた、夢のような(?)学科はなくなりました。ここを「ただ」でつなぐのが正しいのか気になるのは、「国文法」の科目を取っているからです。

 この国文法の先生は、学年末、廊下を歩いていると、歩いている学生がバタバタと土下座をした――という伝説の先生で、まあ、それはさすがにデマでしょうけれど、厳しいことはきびしいです。ほら、「きびしいです」などと書くと、「美意識に欠ける」、と言われそうですね。

 お天気があっちへ行ったりこっちへ来たり、たいへんですけれど、春休みはもうすぐです。風邪だけは、みなさま、お気をつけて。

 

税金

  • 2018.02.24 Saturday
  • 17:59

 納税の季節がやってきました。

 私は、個人事業主なので、マスターが旅に出てからは、全部、税理士の先生に、やってもらっています。だって、震災復興税2.01%とか、そういうのをやっていたら、間に合わないからです。

 それでも、勉強をしてはいますが、どうしてこちらが「課税」で「こちらが控除なのかは、いまでも、分かりません。

 すみません。ただの愚痴です。

 ここしばらく、カウンターでの私が、不機嫌なのですが、全部、正確な納税をできずにいたからです。壁に小池さんの絵が飾ってあるのを、控除なのか、個人の資産なのかで、もめています。

 はあ……早く春が来てくれますように。

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM